値札がついたままのギフト

ギフトは、贈る物が相手の好きなものであったり、何かの役に立って喜ばれるのであればそれに勝る物はありません。
贈り手は如何に相手に喜んでもらうかを考えた上でプレゼントするからです。
勿論、物の金額の多少ではなく、もらう人に喜んでもらおうとする気持ちが表れていることが重要なので、贈る側も様々な工夫を凝らしてギフトを考えます。

日本習字|くらしの書冠婚葬祭

ギフトを贈る機会がバースデーなのか、結婚祝いや出産祝いという人生の中でも稀なイベントだったり、母の日や敬老の日のように毎年巡ってくるイベントや記念日でも、何を贈るかが変わって来ます。
ギフトを選ぶ時は、相手の嗜好やお祝い事の内容など、常に相手のことを考えて選ばないと、単に贈るだけでは失礼なことになり兼ねません。

ギフト・贈答品に米沢牛・山形牛

イベントやお祝い事には、それぞれのマナーがあります。
贈り物自体にも色々と細かなマナーがあったりするので、特に上司など目上の人に贈り物をするときは、マナーやしきたりを守った上でギフトを贈る必要があります。
ましてや前年に贈ったものと同じ物を選んだり、贈り物に値札がついたままの物は論外です。贈ったものの価値自体はわかってしまうものですが、高価すぎる事が判っても失礼になり兼ねません。
深く考えずに適当にギフトを選んでしまったり、相手の趣味嗜好に合わせようと、自分でラッピングなどをしてしまうと、このような失敗に繋がり易くなります。

メッセージカードをつくろう | Piece for Peace HIROSHIMA - 広島発”平和へのひと筆”プロジェクト

ギフト専門店で購入すると、直接相手に発送する場合でもお店の人がマナーを全て守った上で相手方に届けてくれます。
くれぐれもつまらない失敗のないような気配りが大切です。