毎日アラームの5秒前に起きる私

毎日寝る時に目覚ましを7時にセットして寝るんですが、朝起きる時は決まってアラームが鳴る5秒前に目が覚めるんです。といっても、目覚ましを9時にセットした日は5秒前じゃなく、7時に起きるんですけどね。電磁波などの関係で携帯が着信する寸前に「あ、メールくるな」って気付くのとは違って、純粋に体の習慣として身に付いているようです。だから7時にアラームが鳴る前に起きれるし、9時に起きようとしても7時に目が覚めてしまうのでしょう。起きるのが7時より後の予定なら絶対に遅刻することはない便利な体だと思いますが、もっとたっぷり寝たいと思っている日も一度目が覚めてしまうのはちょっと切なかったりします。まぁ二度寝が気持ち良いのでいいといえばいいんですけどね。

これってどういう理由で起きているのかなって気になって調べてみたんですけど、なんか体が目覚ましによって急に起こされるのを嫌がって、そういう習慣が身に付くみたいですね。規則正しい生活を送っていると身に付く習慣みたいなので、結局のところ日々のサイクルが完全に決まっているということなんでしょうね。

なんかもう、毎朝7時に目覚ましをセットする必要性すら感じなくなってきますね。目覚まし使わなくても起きられるんじゃないかなって。でも結局のところ、目が冷めているだけであってさあ起きようという気にはなれないので、目覚ましがそこで鳴らなかったら二度寝の誘惑に負けて遅刻しまくりでしょう。必要ないんじゃないのかって思いつつも必要なのが、どうにももどかしいです。ただまぁ、これは別に超能力なわけでも私だけすごいというわけでもなさそうなので、ちょっと残念でした。